スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平湯温泉キャンプ
hirayu01.jpg

将来、風に付き合ってくれる女性やまのぼらーに育てあげるべく、

北アルプスデビューさせました。

Yさんがマラソンを始めて、富士山もサクッと登れたこともあり、来年は二人っきりで北アルプスに行こうと思っていましたが、娘がこんなにしっかり登れる事実を作ってしまうと、お留守番が難しいかもしれません。。。(Yさんと二人でテント泊で登りたいんだなぁ・・・^^;)


さて、登ったのは、先月も風が単独で訪れました、北アルプスの玄関口、上高地より3時間登ると穂高の大岩壁の真下にたたずむ小屋、岳沢小屋(2170m)です。

平湯温泉キャンプ場に2泊してるので、中日となるこの日は早朝に行動開始。冒頭のように歩いて平湯バスターミナルに行き、朝6時過ぎのバスに乗り、7時に上高地を出発しました。3連休の中日と言えども、さすがにこの早朝だと観光客がほとんどいない。
hirayu02.jpg

上高地のホテルに泊まってる客が散歩してる程度で、あとはほどんど登山者です。
風がデイバック、Yさんがシングルショルダーのデイバッグ、子どもは手ぶら、僕たちは登山者に見えなかったかもしれませんが、河童橋やらで景色を見るのも早々に登山口へと向かいます。

先月、風がテント泊装備を背負って、この道を3時間弱。今回は6歳の女の子がいるので3時間半~4時間を見てました。

が、2時間半でさっくりと登っちゃいます。子どもってつよい・・・・^^;

大変活発な子なので、岳沢小屋についてもまだまだ元気です。
なので、そこから100mくらい沢筋を登って万年雪見物に。
hirayu04.jpg

下界はまだまだ30度以上で暑いのに、万年雪の下の涼しさにはさすがに驚いていました。

そしてなんといっても、Yさんをここに連れてきたかった一番の理由がこれ。
hirayu05.jpg

ここで飲む生ビールは天下一品です。本当に価値あり。

今後、上高地観光に行く機会があれば、是非、岳沢小屋まで足を伸ばしてこの絶景テラスの上で生ビールをおすすめします。河童橋から登り2時間半、下り1時間半です。

途中、景色のいい見晴らし台もありますので、小屋までたどり着けなくとも、見晴らし台だけでも価値ありです。
hirayu03.jpg

温泉三昧、飛騨牛でBBQ、岳沢の絶景テラスで生ビールのツアーは楽しく幕を閉じました。。。

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Design by Pixel
Copyright © ♪♪kazeの声♪♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。